東京桜十字における新型コロナウイルス感染防止の取り組み

2020.05.01お知らせ

東京桜十字では、新型コロナウイルスの感染拡大防止及び院内感染対策として以下の取り組みを徹底して実施しております。

当院の院内感染対策

❶ 三密対策(密閉、密集、密接)を徹底しております。

・ご受診者同士、スタッフと受診者様の距離を十分確保しております。
・常時換気を行い、空気清浄機も導入しております。

密閉空間への対策(院内を見る)
三密対策ー密閉空間への対策
密集への対策(院内を見る)
三密対策ー密集への対策
密接への対策(院内を見る)
三密対策チラシー密接への対策
❷ 消毒・清掃を強化しております。

・一日に複数回、受付カウンターやその周辺、ドアノブ、椅子、人が手を触れる場所等の消毒を行っております。
・各検査で使用する機器は検査の都度、消毒しております。

❸ スタッフの健康管理を徹底しております。

・すべてのスタッフはマスクを着用し、内視鏡検査時にはゴーグルも着用しております。
・すべてのスタッフは出勤前・出勤後にそれぞれ検温し、
  手洗いうがい及びアルコール使用による手指消毒を徹底しております。

三密対策チラシーその他の取り組み

受診される皆様へお願い

❶ 来院時にはマスクの着用をお願いいたします。
❷ 受付時に検温のご協力をお願いいたします。
❸ 受診者様同士の距離を保つようご協力をお願いいたします。

ご受診いただく皆さまに少しでも安心して受診いただけるよう、スタッフ一同、細心の注意を払って対応させていただいております。

医療法人社団東京桜十字